遺族と世話役代表の喪服の準備

 

喪主をはじめとした遺族と近親者、世話役代表は、お通夜が始まる前に喪服の準備をします。喪服は一昔前までは和装が一般的でしたが、最近では遺族であっても洋装で葬儀に臨むことが多くなっています。遺族でも、亡くなってすぐに正式の喪服を着用する必要はありません。結婚指輪以外の装飾品は外し、黒やグレー、紺などなるべく地味な色の悲しみの場にふさわしい衣服に着替えればいいでしょう。葬儀の準備などで何かと慌ただしい時ですが、ジーパンにシャツなどカジュアル過ぎる服装はよくありません。また、男性なら髪の毛や髭を整え、女性は薄化粧をして、早くからくる弔問客にも失礼のないように備えます。世話役代表は、遺族と同格の喪服を着用するのが基本です。お通夜の席で遺族が略式の礼装で、世話役代表が正式喪服を着用するなどといったことがないよう注意する必要があります。またお通夜が始まる前までは地味な服装で構いませんが、必ず喪章をつけるようにします。



このページの先頭へ戻る